2度以上住所が変わっている場合

次にご説明するのは、2回以上住所が変更された場合です。
一度だけ住所が変わった場合は住民票で事足りますが、2回以上変わった場合は住民票だけでは対応できません。
住民票には前の住所しか記載されておらず、「前の前の住所」は書かれていないからです。
ですので、2回以上住所が変わっている場合は住民票ではなく、戸籍の附票を準備する必要があります。
戸籍の附票には、住所の変更履歴が記載されているため、前の住所を証明することができます。
また、結婚などで姓が変わる場合もあります。
この場合は住民票や戸籍の附票ではなく、戸籍謄本が必要になります。
戸籍謄本は、本籍地の自治体の窓口で発行される書類です。
戸籍謄本は郵送で取り寄せることもできますが、その場合には申請用紙や返信用封筒、手数料を支払うための少額為替、本人確認書類、印鑑などが必要となります。

2度以上住所が変わっている場合
Scroll to top