結婚などで書類と姓が異なる場合

日常生活の中で、結婚や離婚などにより自分の姓が変わることがあります。
この場合、住民票や戸籍の附票ではなく、戸籍謄本が必要になります。
戸籍謄本とは、自分の本籍地の自治体の窓口で発行してもらえる公的な書類です。
戸籍謄本を取り寄せるには、郵送で申請することもできますが、その場合はいくつかの書類が必要になります。
具体的には、申請用紙や返信用封筒、手数料分の少額為替、本人確認書類、印鑑などです。
申請用紙は、自分の本籍地の自治体のホームページからダウンロードすることができます。
また、車を売却する際には保険の手続きも忘れてはいけません。
車の保険は売却後も自動的に解約されるわけではありませんので、自分自身で解約手続きを行う必要があります。
自賠責保険や任意保険の解約手続きについてまとめてみました。
自賠責保険は、事故を起こした加害者が自分で賠償する能力がなかった場合、被害者を保護するための保険です。
この保険は解約されませんので、車を売却する際には解約手続きを行う必要はありません。
ただし、新しい車を購入する場合は、新たな自賠責保険に加入する必要があります。

結婚などで書類と姓が異なる場合
Scroll to top