古家付き土地にはどのようなメリットやデメリットがあるのか

古家付き土地とは
古家付き土地とは、価値の低い住宅が建っている土地を指します。
通常、このような物件は「土地※現況古家あり」として販売されます。
しかし、古家付き土地が販売される場合や中古住宅として販売される場合には、明確な基準はないため、22年以上経過した木造住宅が古家として扱われる傾向にあります。
つまり、古家付き土地を購入するときには、ほとんどが老朽化が進み傷みが激しい住宅が含まれていると考えるべきですが、一部では手を入れれば住むことができる状態の住宅も存在します。
古家付き土地は、古家の解体費用がかかるため、土地の価格は一般的に低く設定されています。
古家付き土地のメリット
古家付き土地のメリットとしては、周辺の土地相場よりも安い価格で購入できることが挙げられます。
もし古家が少しリフォームすればまだ住宅として利用可能な状態であれば、比較的安価にマイホームを手に入れることができます。
また、古家があることで、新築前の土地の状態を具体的にイメージすることができる点もメリットです。
例えば、古家があることで日当たりや建物の配置、ボリューム感などを確認することができ、将来的な家の計画やデザインに役立つでしょう。
ただし、古家を解体して新築を行いたい場合には、解体費用は買主が手配し負担することが基本です。
古家付き土地のデメリット
古家付き土地のデメリットとしては、古家の状態が非常に悪く、解体する必要がある場合には追加の費用や手続きが発生する可能性があることです。
また、古家の建物や設備が使用できない場合、リフォームや修繕費用がかかることも考えておかなければなりません。
総合的に考えると、古家付き土地の購入は、コスト面でお得な場合もありますが、古家の状態や解体にかかる費用などを十分に考慮し理解しておく必要があります。
古家の解体費用の目安とは?
もしも古い家がまだ使える状態である場合、自分の好みに合わせた住まいを手に入れるためには、リフォームやリノベーションを行うことができます。
しかし、解体が必要な場合は、その負担を考慮して判断する必要があります。
住宅を解体する場合、構造や大きさ、立地条件などが主な要素となり、解体費用が決まります。
木造住宅の場合、延床面積によっては約4万円から5万円程度の費用がかかると言われています。
ただし、接道状況によっては重機や大型トラックが入れない場合もあり、手作業が主体となることがあります。
そのため、手作業による解体は費用が高くなる傾向があります。
また、塀やカーポート、庭木なども撤去しなければならず、これらの撤去費用も別途加算されます。
参考ページ:古家 付き 土地 購入はデメリット?家屋の解体費用はどっちが持つのか解説
要するに、古家を解体する場合は、その費用は住宅の構造や立地条件によって異なります。
木造住宅の場合、延床面積によって約4万円から5万円程度の費用がかかると言われています。
ただし、手作業による解体や付属施設の撤去も必要になることを忘れてはいけません。
解体費用を算出する際には、これらの要素も考慮する必要があります。

古家付き土地にはどのようなメリットやデメリットがあるのか
Scroll to top