不動産の売買を行うときに必要となってくる費用が仲介手数料

不動産の売却時に発生する費用の中でも最も高額なのが仲介手数料です
仲介手数料は、不動産の売却手続きを行う不動産会社に支払う金額です。
不動産を売却する際には、さまざまな費用が発生することがありますが、その中でも最も高額なのが仲介手数料です。
仲介手数料の金額について詳しく解説します
仲介手数料は、売却する不動産の売買代金に応じて決まります。
具体的には、売買代金が4,000,001円以上の場合、仲介手数料は(売買代金の3% + 60,000円)に消費税を加えた金額となります。
なお、宅地建物取引業法により、仲介手数料の上限額が定められていますが、下限額は決まっていません。
弊社では専任媒介契約を結ぶ場合、仲介手数料は半額になります
なお、弊社では専任媒介契約を結んだ場合、仲介手数料は通常の半額となります。
専任媒介契約とは、不動産会社と売主が契約を結び、売却活動を一元的にお任せする契約のことです。
この契約を結ぶことで、不動産売却にかかる手数料を節約することができます。
仲介手数料が売却費用の中で最も高額になることもある
意外かもしれませんが、売却費用の中でも仲介手数料が最も高額になることがあります。
一般的には、不動産会社が受け取る仲介手数料は、売買代金の一定割合に応じて決まります。
そのため、売買代金が高額なほど、仲介手数料も高額になる傾向があります。
参考ページ:名古屋市の不動産売却時の仲介手数料が売れるまで半額
仲介手数料の金額は宅地建物取引業法で上限が定められています
仲介手数料の金額には、宅地建物取引業法により上限額が定められています。
この上限額は、売買代金の一定割合によって計算されます。
具体的な金額は、売買代金に対して3%を加えたものにさらに60,000円を足して、消費税を加えた額となります。
以上、不動産の売却時に発生する仲介手数料についての解説でした。
仲介手数料は売買代金に応じて決まるため、宅地建物取引業法の上限額に注意しながら取引を進めることが大切です。
また、弊社では専任媒介契約を結ぶことで、仲介手数料を節約することができますので、ご検討ください。
不動産の売却に関する詳細については、弊社までお気軽にお問い合わせください。
不動産の仲介手数料には上限がありますが、下限はありません
皆さんよく考えてください。
仲介手数料の上限についてはわかったと思いますが、下限については何の規定もありません。
私も以前、大手不動産会社に勤めていた時にお客様から「仲介手数料は安くならないのですか?」と聞かれたことがありましたが、正直に「大手ですので、一切安くできません」と答えました。
具体的に仲介手数料は、不動産の売買金額に応じて変わります。
ですから、たった3%と思わずにください!例えば、不動産価格が1億円の場合、仲介手数料には1億円×3%の手数料がかかります。
さらに60,000円と消費税が加わるため、合計で3,366,000円になります。
1億円からしたら3,366,000円は大したことないと思われるかもしれませんが、考えていただきたいのは手取り額です。
一括で1億円を手に入れるのであれば問題ありませんが、通常は売却で利益が出た場合には税金がかかりますし、債務があれば返済しなければなりません。
その他にも諸費用が掛かってくることを考慮してください。

不動産の売買を行うときに必要となってくる費用が仲介手数料
Scroll to top