不動産の売却手続きを行うときにかかる費用は仲介手数料です

不動産の売却手続きを行うときにかかる費用は仲介手数料です
仲介手数料とは、不動産を売却する際に不動産会社に支払う手数料のことです。
この手数料の金額について、疑問があるかもしれませんが、それぞれの詳細をクリアにしていきましょう。
仲介手数料が売却費用の中で最も高額になることもある
意外かもしれませんが、実際には仲介手数料が売却費用の中で最も高くなる場合もあります。
では、具体的にその手数料はいくらなのでしょうか?不動産会社が受け取る仲介手数料には、宅地建物取引業法によって上限額が定められています。
不動産取引における仲介手数料の上限金額について
そして、実は多くの不動産業者が、この仲介手数料の上限金額を当然のように受け取っている現状があります。
ですが、お考えいただきたいのは、上限金額が存在することはわかったかと思いますが、下限金額に関しては規定が存在しないということです。
参考ページ:名古屋市の不動産売却時の仲介手数料が売れるまで半額
私は以前、財閥系大手不動産会社に勤めていた時に、お客様から「仲介手数料は安くならないのでしょうか?」と聞かれたことがありましたが、即座に「大手なので、一切できません」と答えました。
具体的に仲介手数料がいくらになるのかというと、不動産の売買金額に応じて変化します。
手取り額が重要なポイント
ですから、たった3%だと思わないでください!例えば、不動産の価格が1億円で売買されるとしたら、仲介手数料は1億円×3%+60,000円+消費税10%で3百36万円になります。

不動産の売却手続きを行うときにかかる費用は仲介手数料です
Scroll to top