ブルーマップの利用方法

ブルーマップの利用方法
不動産の情報を調べる際に、従来の方法では住所の情報がわかっていても地番が不明な場合、登記事項証明書(登記簿謄本)を取得する必要がありました。
しかし、この場合には対象の不動産を特定するために地番が必要となります。
しかし、住所はわかるものの地番が不明な場合は、ブルーマップを活用することがおすすめです。
ブルーマップの特徴
ブルーマップは、ゼンリンという会社が発行している地図帳で、市販の地図やインターネット、カーナビの地図を作成していることでも知られています。
ブルーマップにはB4版の冊子版やファイル版などがあり、一般的な住宅用地図に、登記所が提供している公図や地図に準ずる図面を重ねて作成されています。
ブルーマップの使用方法
ブルーマップを使って地番を調べるためには、対象不動産の住所(住居表示)を利用します。
ブルーマップによると、それぞれの住所に対応する地番を確認することができます。
ブルーマップの利用範囲
しかし、すべてのエリアにはブルーマップが用意されているわけではありません。
そのため、必要に応じて公図を取得し、ブルーマップと照らし合わせる必要がある場合があります。
ただし、公図を使って調べる場合は、各エリアの公図が必要となるため、手間がかかる作業となります。
不動産の地番を調べる際には、ブルーマップを利用することで、住所情報から地番を簡単に特定することができます。
ただし、ブルーマップが用意されていないエリアでは公図を使って調べる必要があります。
情報入手の際には、ブルーマップや公図を適切に活用し、スムーズに不動産の情報を取得するようにしましょう。
参考ページ:ブルーマップ とは 地番 不動産取引での使用・用途・閲覧方法等を解説
ブルーマップ上の住居表示と施設情報の詳細
ブルーマップとは、通常の地図とは異なり、特定の不動産に関する情報を提供する地図です。
この地図を利用することで、以下のような具体的な情報を得ることができます。
住居表示(町名):ブルーマップにはピンク色の文字で「○○2丁目」などと住居表示が記載されています。
この情報を活用することで、調べたい市区町村のブルーマップを参照し、探したいエリアを絞り込むことができます。
たとえば、「○○市のブルーマップを見て、○○2丁目に住宅を探したい」といった具体的な目的に応じて使用することができます。
主要施設情報の利用:大型のショッピングモールや主要幹線道路などがブルーマップ上に表示されている場合もあります。
これらの施設を参考にすることで、町名よりも特定の施設を重視して探したいエリアを特定することができます。
たとえば、「人混みが少ない穏やかな住環境を求めて、ショッピングモール周辺のエリアを探したい」といった希望条件に合致する場所を見つけるのに役立ちます。
要するに、ブルーマップは特定の地域や施設に関する情報を提供し、それを参考にして住宅の探索や地域の選定を行うことができる便利な地図と言えます。

ブルーマップの利用方法
Scroll to top